こんにちは、親からメールでイタリア行ってくるから宜しく!とか言われているダメリーマンです。何が宜しくかは分かりませんが、気を付けて行ってらっしゃいとしか言いようがありません。(笑)この前もチューリッヒに居ます!とか随分と老後を楽しんでいる模様です。何かないと連絡を取り合わないものですから、ある意味良いのかもしれません。

さて今回は先々月に成田空港からANAの国内線を利用して仙台に行った時の成田空港国内線ANAラウンジを紹介したいと思います。

成田空港ANA国内線ラウンジ

他の国内線ANAラウンジと比べてサービス内容が充実しております。(ダイヤモンド会員が入室出来る国内線スイートラウンジは除く)

場所はANA国内線チェックインカウンターの左側にラウンジの入口があります。

通常の国内線ラウンジで提供されているものは、アルコール・ソフトドリンク・おかきミックスと限られておりますが、成田空港国内線ラウンジでは軽食も提供されております。おにぎり・パン・お味噌汁などもあり、国内線ラウンジにしては十分なサービスだと思います。

f:id:ichirokkets:20170612232558j:plain

f:id:ichirokkets:20170612232610j:plain

またシャワールームも設置されておりますので、利用される方はカウンターで受付をしてください。

ラウンジの広さは少しこじんまりとしておりますので、混雑時にはあまり落ち着く事が出来ないかもしれません。

f:id:ichirokkets:20170612232704j:plain

何故に成田空港だけ?

ここのラウンジは国際線を利用した時にアライバルラウンジとして利用出来るようにもなっている為、国内線と共用している仕組みになっております。

国際線の制限区域内にあるラウンジはセキュリティの関係で利用出来ない為、このような形を取っているものと思われます。

私が利用したのは朝便の利用でしたのでラウンジ内も空いており、ゆっくり朝食を頂く事が出来ました。普段アライバルラウンジ自体を利用する事もない為、今回が初めての利用となりました。

注意点として保安検査場を通過する前に入室をする為、保安検査場の通過時間には十分に注意して下さい。出発15分前までに通過しないと飛行機に搭乗出来ない事態に陥りますのでラウンジでまったりするのも良いですが時間は厳守です。

まとめ

成田空港って国内線のイメージが薄いですが、昨今LCCターミナルが運用されるなど認知度は次第に高まってきております。ANAやJALに関しましても地方から国際線への乗り継ぎ便などで1日1往復から2往復運航している区間もございます。

今後、第三滑走路建設や運用時間見直し伴い、更に発着便が増える事も予測されますので運航ダイヤにも期待したいところです。

未だに未完成な成田国際空港ですが着実に完成に向けて動きだしております。時間は掛かりますが、羽田空港と上手く共存出来る形で落ち着いてくれる事を願います。