カプサイシンとは、「唐辛子」に含まれる、ピリピリとした刺激のある辛味成分で、経口サプリメントとして口から摂取すると、体を温め、外用薬として塗ると、血行を促進させる効果があるとされています。

 

カプサイシンの効果や特徴

 

カプサイシンには、外用ローション(育毛剤等)、内用サプリメント、外用としても内用としてもともに、新陳代謝を活発にし、細胞分裂を促進させる性質と特徴があります。

 

新陳代謝が活発になることで、血管を刺激し、体全身の血流が良くなります。

そのため、血行が悪くなりやすい頭皮の血行を促進させることで、血液により新鮮な酸素や十分な栄養が、髪の毛を作る毛母(もうぼ)細胞に行きわたるようになり、育毛の効果が期待できます。健康で丈夫な髪の毛を育てます。

カプサイシンのメリットとデメリット

 

 

カプサイシンに含まれるメリットは、血行促進効果です、その一方、含まれるデメリットにも配慮しなくてはなりません。

 

含まれるデメリットとは、カプサイシンには粘膜に触れるとピリピリと感じる性質と特徴があるため、内服サプリを摂取すると下痢をするという副作用がある方もいらっしゃいます。

 

また、カプサイシンの含まれるシャンプーや、育毛剤などの外用薬を使用すると、その刺激のため、かぶれや肌荒れ、といった副作用を起こしやすい体質の方もいます。胃腸の弱い方、敏感肌の方、は、注意が必要です。

 

カプサイシンに含まれるメリット、デメリットを理解したうえで、含まれるシャンプー、育毛剤選びをしましょう。