昨日のエントリーで書いた

賃貸生活について。

www.future-workstyle.net

 

なにげなく書いた記事ですが、

思いの外反応が多く驚きました。

 

私としては、家を購入する生き方

を否定するものではありません。

 

終の棲家を決めて、同じ地域の

中でつながりを持ちながら暮らす

生き方は、むしろ羨ましいと

思っているほどです。

 

ただ、経済的な理由だったり

親の事情だったりで、生活の拠点

を状況に応じて変えていかざるを

得ない生き方も、

現実にはそれなりにある訳です。

 

そうしたときに、ただ漫然と

生活の拠点を選ぶのではなく、

未来を見据えた賃貸生活の要素

を優先することが必要かなと。

 

たとえば、家賃の多寡や物件の

新しさ・利便性にとらわれず、

子どもの教育環境であったり

地域コミュニティの充実度

いった要素に目を向けてみる。

 

そこで得られる無形の財産は、

家族みんなにとって大きな形

になるかもしれません。

 

とはいえ、我が家の手狭な

住まいを今後どうしていくのか。

しばらく悩む日が続きそうです。

f:id:work-shift:20160329234305j:plain