・糖尿病の原因  糖尿病の改善するための詳しい方法はコチラ 

糖尿病になりやすい体質を持っている人に、食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、加齢などのインスリンの作用を妨害するような引き金が加わって発症します。また、遺伝との関わりが強いとも言われています。
肥満の割合は欧米人の方が高いにも関わらず、糖尿病の発症率は日本人の方が高くなっています。日本人は欧米人と比べて膵臓(すいぞう)が弱いため、糖尿病にかかりやすいのです。

・糖尿病の症状 糖尿病の改善するための詳しい方法はコチラ

 

糖尿病の症状には、のどの渇き・多尿・空腹感・倦怠感などの自覚症状があり、感染症・動脈硬化・白内障などの合併症を起こしやすいです。糖尿病そのものと言うより合併症で死に至る事があります。
糖尿病は、悪くなってくると失明してしたり、腎臓の機能が低下し、人工透析をして血液を週に1・2度キレイにすることが必要になります。血管は硬く、ぼろぼろ状態になっていき脳梗塞や心筋梗塞などの原因や要因に、また感染症にもかかりやすくなっていきます。

・糖尿病の食事療法 糖尿病の改善するための詳しい方法はコチラ
糖尿病の方の食事療法はどうされていますか?
食事療法を行うことで90%以上はなんらかの血糖コントールの改善が期待できるといわれています。
糖分や栄養の過剰摂取は何と言っても控えなければいけません。単に摂取カロリーを減らすだけではなく栄養バランスを十分に考える必要があります。日々の仕事に追われ、エネルギー量を計算し、栄養素をバランス良く摂取できる料理を作ることは並大抵ではありません。つい、1.2品、市販のお惣菜をメニューの中に入れたくなります。また、家族の協力も必要となってきますので、食事療法は決して簡単なものではありません。

厚生労働省の摂取量指導に基き、エネルギー量を計算した調理済みの全国どこでも宅配してくれる冷凍の糖尿病食の宅配もとっても便利になりました。レンジや湯銭をするだけで美味しい糖尿病食の出来上がりです。
長年の食生活の軌道修正のためにも糖尿病食の宅配をお試しになることをお勧めします。
食事に気をつけ太らないことが大切です。しかし糖尿病は、太っている人ばかりが発症するわけではありませんのでスリムな体の人も気をつける必要があります。


 

・糖尿病の運動療法 糖尿病の改善するための詳しい方法はコチラ

 

運動療法はできるだけ多くの部位を動かすような全身運動がお勧めです。
血糖値は食後1時間から1時間半位でピークに達します。食後1時間くらいに運動を開始すると、高くなる血糖を抑えられます。
酸素をあまり吸い込まない短距離走や瞬発的な動きではなく、ゆっくりと酸素を吸い込みながら(有酸素運動)全身を使うジョギングや歩行、水泳などが良いでしょう。 

自分の体力に合わせて毎日30分程度は、運動するようにしましょう。糖尿病患者が運動すると血圧がコントロールでき、脂質の代謝が改善しますし、インスリンの働きが良くなります。